HOMEへご案内研修案内/報告夢工房if心の相談室サタデーピア通信リンク集





ピアサポートフォーラム2010 
〜ひろげよう!優しい気持ちとおもいやり!〜 の報告

 6月19日(土)午後、県立男女共同参画センター視聴覚室において、今年で3回目となるピアサポート・ピアカウンセリングを考える市民フォーラム〜ひろげよう!優しい気持ちと思いやり〜を開催いたしました。今回は、滋賀県精神保健福祉センター所長の辻本哲士先生のお話と県内各地のピアサポーターによるミニシンポジウムを企画しました。
 辻本先生は広義において私たちは皆ピアであるという立場から、一精神科医としてご自身の体験を中心に、日頃感じておられることなどをわかり易くお話し下さいました。
 後半のミニシンポジウムでは、精神障害者患者会「こころの会」会長、脳外傷友の会「しが」代表、滋賀県断酒同友会常任理事、サタデーピアピアサポートクラブの皆さんが、それぞれの会の活動や日頃考えておられることなどをお話下さいました。また、今回都合でお話しいただけなかったNPO滋賀県精神障害者家族会連合会「鳰の会」や滋賀県自死遺族の会「凪の会おうみ」の活動の紹介もさせていただきました。ミニシンポジウムに続く意見交換でも、参加者の皆さんから積極的なご発言を多くいただくことができました。ご自身の体験をもとに作成された紙芝居のご紹介もありました。
 今年の優しいおみやげは、サタデーピアピアサポートクラブの皆さんが心をこめて手作りした和紙のミニトートバッグと夢工房ifのハートクッキーでした。
梅雨の晴れ間にご参加下さった約80名の皆さんは、優しい気持ちと思いやりを心とバッグにいっぱいにして帰路につかれたことと思います。



研修案内/報告の一覧へ戻る

▲上へ



Copyright (c), サイト内の無断複製および引用を禁じます。