HOMEへご案内研修案内/報告夢工房if心の相談室サタデーピア通信リンク集





ピアサポート・ピアカウンセリングを考える市民フォーラム
(ピアサポートフォーラム2008)の報告

 3月15日(土)草津市立まちづくりセンターにおいて、滋賀県自立支援課の共催をいただいて、ピアサポートを考える市民フォーラムを開催しました。当日は県内各地ばかりでなく、奈良や京都からも関心をお持ちの方約70名が集まって下さいました。主催者として自立支援課とサタデーピアから開会の挨拶があり、フォーラムは始まりました。続いて東京からお越しいただいた前田ケイ先生から『ピアサポートで回復の道を歩み続ける』と題してお話ししていただきました。
 周りから必要な援助をもらいながら主体的に回復の道を歩むこと、自分が自分の人生の舵を取ることをリカバリーという概念で説明して下さり、リハビリテーションとリカバリーの恊働が大切ということがよくわかりました。またリカバリーにもSST(ソーシャルスキルズトレーニング)が有効ということや、仲間同士から生まれてくる力がピアサポートの源となることなど、実際の場面を紹介しながら易しく丁寧に話して下さいました。
 休憩時間には、寧楽ゆいの会ピアステーションの当事者の方が作詞作曲された美しい楽曲が流れ、会場全体が優しい雰囲気に包まれました。
 後半は、滋賀や奈良でのピア活動の取り組みや当事者としての体験をご発表いただきました。それぞれの「思い」が伝わる素晴らしいご発言が続き、時の経つのを忘れるひと時でした。全体を通してピアサポートの意義と大切さを確認できる素晴らしいフォーラムになりました。残念だったことは、この集まりを多くの方に知っていただくための努力が及ばず、関心をお持ちの方隅々まで届けることができなかったのではないかということです。
 サタデーピアでは平成20年度も県の委託を受けて、ピアカウンセラー養成講座を開催いたします。関心をお持ちの当事者、ご家族、市民のみなさまがご参加下さることを心からお待ちしています。そしてピア活動を通して、やさしい気持ちと思いやりが広がってゆくことを願っています。


会場の様子


共催の県障害者自立支援課 挨拶

前田ケイ先生

研修案内/報告の一覧へ戻る

▲上へ



Copyright (c), サイト内の無断複製および引用を禁じます。